Dolby DigitalとはDolby Laboratories社が開発した音声出力に関する技術。
主にLD、DVDなど映画での音声再生用途として幅広く採用されています。
Dolby Digitalは、最大5.1チャンネルの音声出力に対応。5.1チャンネルの再生にはセンタースピーカ、右スピーカ、左スピーカ、右サラウンドスピーカ、左サラウンドスピーカそしてサブウーファーの6つのスピーカを使用します。この内サブウーファーは限られた低周波の音のみを出力するので0.1として数えるため、5.1チャンネルと呼ぶのです。
   
2チャンネルの場合
4チャンネルの場合

一般的なテレビやパソコンでは、左右2つのスピーカが聞き手の前側にのみ設置されています。物体が右から左へと移動するような場面では実際に移動しているような臨場感を与えますが、物体が前から後ろへと移動するような場合はその臨場感を再現することは出来ません。

4チャンネルスピーカの場合は、スピーカが四隅に設置されるため、画面内の後ろ側で発生する出来事の音声は後ろ側のスピーカのみで出力され、物体が前から後ろへと移動したり、右前から左後ろへ移動するような場面で、その移動の軌跡をより正確に再現できます。

5.1チャンネルの効果

4チャンネルスピーカ以上の臨場感と迫力が楽しめるのが5.1チャンネルスピーカです。4チャンネルスピーカの場合、メインの人物がしゃべっている声は効果音の一部やBGMと一緒に前の2つのスピーカから聞こえてきます。そのためメインの人物の声の定位はそれほどよくありません。ところがDolby Digitalの5.1チャンネルスピーカシステムではテレビ(ディスプレイ)の真上に設置されるセンタースピーカがあるため、人物の声があたかも画面の中から聞こえてくるようになります。残りの0.1チャンネルすなわちサブウーファーは低周波の音を専門的に受け持ち、爆発音や何かが衝突したときの地響きのような低音をよりリアルに再現します。この、サブウーファーは無指向性なので設置場所に関係なく、部屋全体に低音が響き渡るのです。

Cinema SeriesでのDolby Digital
このようにDolby Digitalは迫力の音響空間を楽しめるシステムです。FREEWAYのCinema Seriesならば、従来5万円から10万円程度の出費が必要だったDolby Digitalをその数分の一以下の金額でフルに楽しむことができます。

*DolbyはDolby Laboratories Licensing Corporationの商標です。 Dolby(TM)についてより詳しくお知りになりたい方はDolby Laboratories社のホームページ(http://www.dolby.com/)をご覧く ださい(英文)。



特徴
スペック
FAQ
ダウンロード
[FEATURE] [Decoder] [Speaker] [SoundCard]
[SPEC.] [DolbyDigital] [Connect] [FAQ] [download]