Dolby(R) Digtal、DTS(R)対応 オーディオ デコーダ

最高クラスのオーディオ環境を提供するオーディオデコーダの決定版

Cinema Speaker XSとの高い親和性
DTS(R)デコーディング対応
豊富なスピーカ設定、オーディオモード
PlayStation
(R)2に対応

主な機能

【Dolby(R) Digital、DTS(R)デコード機能】
DVD Videoなどで幅広く採用されているマルチチャンネルオーディオコーデックであるDolby(R) Digitalはもちろんのこと、この価格帯では、ほとんどサポートされないDTS(R)のデコード機能を保有しています。
Dolby(R) DigitalやDTS(R)で録音されたDVDなどを再生する場合にCinemaDecoder D2をご使用いただくことにより、センター1チャンネル、フロント2チャンネル、リア2チャンネル、サブウーファ0.1チャンネルの合計5.1チャンネルの高品位サウンドを出力することが可能になります。

   
【疑似5.1チャンネル機能】
ステレオ録音のDVDやテレビ、CDプレイヤー、MDプレイヤー、MP3プレイヤー等に接続したときも、2チャンネルのステレオ信号からセンターとリアのチャンネルを合成して、音声を出力するDolby(R) Pro Logic(R)、疑似5.1チャンネル出力機能を搭載。これにより、仮想的な臨場感を作り出すことが可能です。 さらに、Theater(映画館)、Hall(ホール・劇場)、Stadium(スタジアム)といったエフェクト(音響効果)をかける事もできます。
   
【細かなスピーカ設定機能】
5.1チャンネル、6個のスピーカ出力に対して、それぞれ個別に音量を設定することが出来ます。また、Dolby(R) DigitalおよびDTS(R)モード時はセンター、リアスピーカにそれぞれディレイをかけることができ、オーディオにより奥行きを持たせることができ、わざと映画館のような臨場感を演出したりすることが可能となっています。
 

【ホームシアター環境の配置問題を解決】
理想的な位置にスピーカを配置しにくいホームシアター環境に置いて、ディレイ(サウンド遅延調節)によるサウンド調整が必要とされる場合があります。Dolby(R) Digitalの場合、リアとフロントスピーカからの音が視聴者に同時に到着するのが理想とされます(前述のように意図的にディレイを大きくして臨場感を出す場合もあります)。リアスピーカのディレイを調節することにより理想の状態に近づけることが可能です。また、フロントに対してセンタースピーカをかなり後ろに置く場合にはセンターのディレイを設定して、フロント・センターのサウンドが同時に視聴者に到着するようにします。もちろん、キャリブレーション(調整)を行うためのテストモードも搭載しています。 このようにCinema Decoder D2では家庭でのホームシアター環境において高品位なサウンドをより楽しめ,
るような機能を搭載しています。

   

【豊富な入出力端子】
デジタル信号用に光角形(OPTICAL)端子と同軸(COAXIAL)端子の2つ。アナログ信号用にRCAジャックと3.5mmピンジャック(同系統)の3系統の入力端子を装備。PC用サウンドカード、DVDデッキ、PlayStation(R)2、CDデッキ、テレビなどさまざまなオーディオソースからの入力に対応します。
出力されるサウンドは、Cinema Speaker XSと接続するためのミニDIN9ピン専用ジャックのほかに、3.5mmステレオピンジャックを装備。フロントステレオ出力、リアステレオ出力、センター&サブウーファーの3系統を個別接続可能ですので、市販のアンプ&スピーカのシステムに接続することも可能です。
背面の入力端子の詳細は、こちら

   
【リモコン標準装備】
リモコン操作で、音量や音響効果、入力ソースの選択などを手軽に変更することが出来ます。各種設定はすべてリモコンから行うことが出来ます。
リモコンの機能の詳細は、こちら

 

 



特徴
スペック
FAQ
ダウンロード
[FEATURE] [Decoder] [Speaker] [SoundCard]
[SPEC.] [DolbyDigital] [Connect] [FAQ] [download]